よき馬を見つけよう

それが伯楽。  誰も見ていないでしょう?

20歳のゴールデンフェイス

写真映り最悪な、

私の奇跡のアイドル写真。

 

 

そう、私、とても写真映り悪いです。

 

悪すぎて、今まで生きてきた中でほとんど写真というものは撮らず、撮らせず、拒否し、回避しの連続であまりありません。むしろ小中高学校の頃なんて目も当てられないくらいだったので自主的にほとんど捨ててしまいました。

 

そんな私が、20歳の証明写真だけは上手く撮れたのです。

現実を突き付ける、証明写真で、です。

 

自分で言うのもなんですが、

20歳に撮った時の証明写真、ものすごくアイドル顔に撮れたんです。

 

アルバイトの面接に行った時なんかは写真と本人をしげしげ見比べられて、本人?どうやって撮ったの?と言われたくらい。

本人目の前に無遠慮に見比べるのも大概失礼だなと思いますが、自分も納得の感想だったので同調するしかなかったという。

本当に普通に撮っただけなんですけどね。

 

そんなわけで、嬉しくて無駄に誇らしくて未だにとってあります。

そしてこれを機に、証明写真だけは1つずつ取っておいてあります。

 

高校、大学の学生証に使った写真と19歳の時、20歳、就活、免許証2枚。

見比べてみると高校大学の時の残念な感じとか目も当てられなくて今でもツラいですが、歴代の証明写真を並べてみるとこれが意外と面白い。

 

そして圧倒的20歳のアイドル顔が笑える。

どうした、この時の自分、 と思わず突っ込まざるを得ない。

私のピークは20歳だったわけだな! あとは老いるのみよ。 と、よくわからないコメントしか出てこない。

 

前にそれを何人かに話したら、わかる!私も20歳が一番可愛かった!って言ってたので皆さんも、20歳の時の証明写真が残っていたらちょっと見てみてほしい。

 

もしかしたらその時が一番可愛かったピークかもしれない。