よき馬を見つけよう

それが伯楽。  誰も見ていないでしょう?

楽しみは先にやらないと次に進めない

 

週末に楽しみにしてることがあるとお仕事頑張れる!

 

と、私の周りは言います。

 

すごいな。私全然出来ない。

むしろ楽しみにしてることが週末にあろうものならその一週間心ここに在らずでふわふわしてるから仕事の進捗が恐ろしく遅くなる。捗らない。

故に、未来に楽しいことが待っているという状況は私にとって芳しくない。

 

 

友人とのご飯、デート、旅行、ライブなど、楽しみは様々かと思います。

みんなそれを心の支えに仕事を頑張る。

そしてようやく待ちに待った楽しい時間を過ごす。

終わる。

終わった後はみんな現実に戻りたくないと、月曜なんて来なければいいと嘆く。

ライブなんかはよくライブロスなんて言いますよね。

週末のライブを思い出しては、現実とのギャップに苦しむっていう感じの。

そうして、またみんな各々の楽しみを糧に仕事を頑張る。

 

ご褒美戦法ってやつですかね。

子どもの、100点取ったらゲーム買ってあげるみたいな。

そんなんやる気出す。

やるしかない。

ご褒美があることでやる気が出るんだからどんどん有効活用していくべき。

 

ただ、これが通用しない人間がいる。

最たるは私ですが。

 

思えば、小さい頃からそうだった。

~~したら、~~してあげる。って条件をつけられると途端にやる気をなくす子どもだった。

自分で勉強してる時も、問題集ここまで終わったらご褒美にケーキ食べようって決めてもやる気は出ず、むしろケーキ食べたいなぁって思いが自分の中の大部分を占めて思うように勉強が捗らなかった。

だから先にケーキを食べた。

心に占めるものがなくなった私は何も思いふけることなく、心置きなく勉強に勤しむ環境を作り出した。

 

私がどんな人間かよくわかりますね。

楽しみはすぐにやりたい。

満足したらやることやる。

我慢が出来ないタイプですね。

でも、ある一定数満足したらちゃんとやることやれるし気持ちが晴れているので仕事が早く片付く。

故に、私にはライブロスなんて現象は訪れず、むしろ晴れやかに月曜日を迎えることが出来る。

難点は、旅行やライブなど今すぐには出来ないものの日時が迫ってくると何も仕事が手に付かないということだ。

 

正直、デメリットの軍配が高い。

私もご褒美があると頑張れる人間でありたかった。

 

 

小さい頃から今も変わらず、やりたいことは先にやってからやることやる、っていう性質は変わっていない。

なのに、私は自分のこの性質を無視していた。

 

周りと違って、この歳になっても結婚や恋人が欲しいという気にならなかった。

機会があれば、とは思っている。

そして機会はあった。が、どうしても意識がそちらに向かない。

不安だというのも理由の一つ。

行動に制限が伴うとも考えてはいる。

事実、結婚するとやりたいことが出来ない、結婚は人生の墓場だ、と

半ば本気で思っている私である。

実際そうではないと頭ではわかっているのだけど。

それを踏まえて、恐らく、恋愛以上にしたいこと、結婚という人生の大イベントを志す以上に、その前に先にやりたいことがあるのだ。

それが達成出来ていないから恋愛全般に目を向けることが出来ないんじゃないのか。

 

自分は不器用な人間で、先述したように、やりたいことをやらないと他が手に付かない人間だ。

結婚するべきともしたいともあまり思っていないが、恋愛はしたいとは思っている。

でも恋愛の機会があるのに全く動く気がないのは、何か先にやりたいことがあるんだろう。

そして、全くそれをカケラも出来ていないから次に進めないんだろう。

 

私は長いこと、自分が本当にやりたいと思っている自分の心の声を無視してきた。

何故無視してきたか、本当の理由はまだわかってない。

けれど、声を閉じ込めてきたのは本当で、

今は聞こうと努力している。

 

楽しみを先にやらないと次に進めない性格なんだから

自分の「楽しい」としている、気になっていることを早いとこやらねばね。

気になって気になって他のことに集中出来ないよ!

不器用なんだよ!

みんなみたいにやることやって、ってご褒美戦法が私の中の孫子兵法に載ってないんだ!